株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

軍事史

海軍大将嶋田繁太郎備忘録・日記Ⅲ
―日記 昭和十五年、昭和十六年、昭和二十一年・二十二年、昭和二十二年・二十三年―

軍事史学会編
黒沢文貴・相澤淳監修
定価:本体9500円(税別)
昭和期の政治外交史・軍事史の基本史料
呉鎮守府司令長官から支那方面艦隊司令長官、横須賀鎮守府司令長官を歴任し、海軍大臣として開戦を迎えた「昭和十五年」「昭和十...

軍事史学 第56巻第1号
特集 敗戦と占領

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「敗戦のなかの『僥倖』と『勝利』」〔庄司潤一郎〕
日華事変・太平洋戦争の戦費清算〔小野圭司〕
対米開戦通告問題と東京裁判の海軍側弁護団〔佐藤康人〕
旧陸...

軍事史学 第55巻第4号
特集 戦争と銃後

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「『広義の軍事史』の視点から」〔原田敬一〕
「荒縄の遺骨箱」流言にみる銃後民衆の意識〔一ノ瀬俊也〕
中国復員兵士たちの戦後経験〔笹川裕史〕
星条旗の下フ...

日本海軍と東アジア国際政治
―中国をめぐる対英米政策と戦略―

小磯隆広著
定価:本体4200円(税別)
日本海軍の対英米政策・戦略を繙く
満州事変後から太平洋戦争の開戦に至るまで、日本海軍が東アジア情勢との関係において、英米の動向をいかに認識・観測し、いかな...

軍事史学 第55巻第3号
特集 ノモンハン事件八〇周年

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「ノモンハン戦史の新たな地平」〔秦郁彦〕
《講演録》ノモンハン事件の周辺〔戸部良一〕
《パネルディスカッション》ノモンハン事件八〇周年〔花田智之、齋藤達志、笠...

軍事史学 第55巻第2号
特集 プロパガンダとインテリジェンス

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「『羅生門効果』の克服へ」〔赤木完爾〕
日本の対ソ情勢判断と情報活動 一九三九―一九四一〔宮杉浩泰〕
日本陸軍の「宣伝戦」とその実際〔岩上隆安〕
《研究...

軍事史学 第55巻第1号
特集 戦争指導

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「戦争に勝つ政府の役割」〔村井友秀〕
リオグランデ境界をめぐる米墨戦争の開戦経緯と戦争原因論〔牛島万〕
「総力戦」指導者としての東條英機〔一ノ瀬俊也〕
...

軍事史学 第54巻第4号
特集 軍事と国際機構

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「軍事と国際機構」〔望月康恵〕
戦争違法化の過程における国際機構の意義と限界―秩序と正義の相克の視点から―〔田中誠〕
国際軍事統合史の文脈におけるドイツ連邦共...

軍事史学 第54巻第3号
特集 戊辰戦争一五〇年

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「戊辰戦争一五〇年にあたって」〔保谷徹〕
(講演録)坂本龍馬の情報戦〔宮川禎一〕
戊辰戦争と長州藩士楢崎頼三〔道迫真吾〕
元治甲子戦争における新選組の軍...

軍事史学 第54巻第2号
特集 古代ローマ軍事史研究の最前線II

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「『汝の敵』を知るための政治と軍事の関係史」〔本村凌二〕
特集にあたって〔長谷川岳男・豊田浩志〕
ローマ帝国における北部防衛戦線の成立について〔坂田道生〕

第一次上海事変の研究
―軍事的勝利から外交破綻の序曲へ―

影山好一郎著
定価:本体9500円(税別)
第一次上海事変は日本近現代史にいかなる影響を 及ぼしたのか? 軍事と外交の実相に迫る!
満州事変の陰に隠れほとんど知られていない1932(昭和7)年の第一次上海事変。
関東軍参謀の謀略による満州国建国の...

軍事史学 第54巻第1号
特集 近代日本軍の形成と発展

定価:本体2000円(税別)
《巻頭言》「近代日本軍の建設者」〔原剛〕
「上陸作戦綱要」の成立〔岩村研太郎〕
第一次世界大戦と海運統制政策〔諸橋英一〕
《研究ノート》帝国海軍創設期の海兵隊〔大...
1 2 3 15 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.