株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

水戸の碑文シリーズ

水戸斉昭の『偕楽園記』碑文

安見隆雄著

定価:本体1200円(税別)

水戸偕楽園造営の趣意を示した『偕楽園記』の解説書

 水戸九代藩主徳川斉昭(烈公)が「衆(しゅう)と偕(とも)に楽しむ」という趣旨で造園し、現在では日本三名園の...

原伍軒と『菁莪遺德碑』

久野勝弥著

定価:本体1200円(税別)

原伍軒(原市之進)の生涯と業績を知る

原伍軒(原市之進)は将軍慶喜に従って兵庫開港を主張し、若くして京都で惨殺され悲劇的にその生涯を終えただけの人...

水戸光圀の『梅里先生碑』

宮田正彦著

定価:本体1200円(税別)

梅里先生碑の文は水戸光圀の自伝である。

全文僅か299文字のものであるが、水戸光圀自身が後世に残すつもりで書き記され、この中に水戸光圀七十三年の生涯のエキスが詰...

水戸烈公と藤田東湖『弘道館記』の碑文

但野正弘著

定価:本体1000円(税別)

天下の名文『弘道館記』碑文の解説書

『弘道館記』は、幕末の水戸藩に創立された総合大学「弘道館」の、建学の精神を格調高く天下に宣言したものである。
 ◆『弘道館記』の原文と書き下し文・平易な現代語訳と語釈
 ◆「弘道館」創設と『弘道館記』の成立事情を説き明かす
 ◆日本を愛した英国貴族出身の本尊美利茶道(ポンソンビリチャド)博士の英訳文を付載

栗田寛博士と『継往開来』の碑文

照沼好文著

定価:本体1400円(税別)

現代の私たちが失っている「学門の意味」とは?

内藤耻叟撰文の『継往開来』の碑文を中心に、明治の碩学栗田寛博士の生涯について述べた。
その生涯と業績は、総てこの碑...

カートの中を見る

  • twitter

ホームページからのご注文

 


店頭販売

各種クレジットカード、電子マネーもご利用いただけます

 営業日カレンダー 営業日カレンダー

  • 今月(2021年10月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    翌月(2021年11月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30        
    (      休業日)
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.