株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

水戸学

現代水戸学論批判

梶山孝夫著
定価:本体2700円(税別)
一体、水戸学とは何なのか。
本書では、水戸学の探究のためにも現代水戸学論の批判と修正を図りつつ、虚心坦懐に水戸の先人が求めたところを明ら...

水戸光圀の餘香を訪ねて

住谷光一著
定価:本体2800円(税別)
水戸徳川家二代藩主光圀公由縁の地を著者自ら訪ね続けること八年余。旧家を尋ね当てては、その遺風の、三百年を隔ててなほ人々に...

北方領土探検史の新研究
―その水戸藩との関はり―

吉澤義一著
定価:本体3400円(税別)
間宮林蔵、木村謙次、松浦武四郎の水戸藩とのつながりを考究し江戸(幕末)の日露交渉の真相に迫る!
 個々の探険家の研究を総合比較してその相互関連を明らかにし、それらを政治的に運用結合させた幕末という時代の政治力学を闡明...

大日本史と扶桑拾葉集

梶山孝夫著
定価:本体2900円(税別)
水戸藩の代表的編纂物
 水戸藩が全総力をあげて編纂した代表的編纂物、大日本史と扶桑拾葉集の今日的役割を明らかにする。
 水戸藩が総力をあげて編纂した「大日本史」と「扶桑拾葉集」どちらも汲めども尽きない巨大な学問体系を有している。
妄説に対する反論ののろしを挙げる。

水戸光圀と京都

安見隆雄著
定価:本体3900円(税別)
義公薨後三百年記念出版
徳川家康は幕府開設に当って朝廷との関係に最大の注意を払い、諸大名の朝廷に接近することを厳しく警戒した。
...

水戸の學風
―特に栗田寛博士を中心として―

照沼好文著
定価:本体3200円(税別)
水戸出身の明治の碩学で『大日本史』の完成者栗田寛博士。
前篇では明治の学界における栗田先生の位置や活動をとほして、...

水戸光圀の遺猷

宮田正彦著
定価:本体3600円(税別)
義公の周辺と後世への影響を考察し『水戸黄門』の真実の一端を明らかにする!
近世の水戸歴史に、義公の遺教の、霊犀一点の通じるあるを感得する。
遺猷(いゆう)とは、先祖が子孫に遺したはかりごと、規範の謂。

水戸の國學
―吉田活堂を中心として―

梶山孝夫著
定価:本体3400円(税別)
 水戸学は近世の水戸藩に起こった学問である。水戸学が史学を中心としてゐることは当然であるが、史学研究のみならず、古典研究...

他藩士の見た水戸

久野勝弥編
定価:本体2700円(税別)
明治維新を経て近代日本の成立に重大な影響があった水戸の思想と行動。
その常陸人を他藩士はどう見ていたか。残された日記、見聞録等により再現

新版 佐々介三郎宗淳

但野正弘著
定価:本体3010円(税別)
水戸黄門の片腕助さんこと佐々宗淳の実像に迫る力作
漫遊記水戸黄門の片腕の一人「助さん」こと佐々介三郎宗淳の実像を描いた初めての伝記が本書である。ここに明らかに...

水戸史學の現代的意義

荒川久壽男
定価:本体2900円(税別)
現代に生きる水戸史学を解明し、義公光圀を始めとする先哲の偉業と精神が蘇る。

新版 水戸光圀

名越時正著
定価:本体2816円(税別)
義公から脈々と著者に伝わる「興廃継絶」の念
徳川光圀は、江戸時代の数多い大名の中で、苦しい生活にあえぐ農民の生活を思いやり、とかく権力を乱用してきびしい取立てをしが...
« 1 2 3 4 »

カートの中を見る

各種クレジットカード対応


  • twitter

軍事史学

ホームページからのご注文


店頭販売

各種クレジットカード対応


PayPay対応

営業日カレンダー営業日カレンダー

  • 今月(2019年5月)
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    翌月(2019年6月)
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    (      休業日)

海外への発送はこちら

PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.