株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧
  • HOME »
  • 書籍一覧 »
  • 神道・国学・歴史

神道・国学・歴史



明治聖徳記念学会編
学界・論壇の第一線で活躍する研究者から寄せられた興味深い論考を多数収録。


梶山孝夫著
藤田幽谷と立原翠軒の相剋と軋轢の問題を考える
幽谷と翠軒の相剋問題について先学の理解を丹念にたどり両派に関する主要な研究にふれ、後期水戸学を興した藤田幽谷を通し、真の... 

吉重 丈夫 著
歴代天皇毎に皇紀で読む日本の通史
皇紀元(神武天皇元)年に初代・神武天皇が橿原の地で即位された日本の建国から明治維新に至るまでの日本の正史を『日本書紀』『... 

中野 裕三 著
神社に祀られる御祭神とは何か?
明治神宮・札幌神社(北海道神宮の前身)という近代に創建された神社と、伊勢の外宮にそれぞれ祀られている御祭神について「神道... 

梶山 孝夫 著
水戸を代表する儒学者で格さんのモデル・安積澹泊の人物像に迫る
藤田幽谷が著した『修史始末』の安積澹泊に関する記述を中心に、幽谷が澹泊を語るものがたり形式で、幽谷・澹泊の人物像を明らか... 

明治聖徳記念学会編
学界・論壇の第一線で活躍する研究者から寄せられた興味深い論考を多数収録。 

佐藤 一伯 著
近代日本の神道論を分り易く纏めた一冊
著者が長年研究してきた近代日本の神道論に関する論文をベースに三章に分けて誰にでも理解しやすいよう再編集。

... 

宮田 昌明 著
日本の外交史研究の可能性に挑む大作
二十世紀前半の日本の中国外交と世界意識、英米の世界戦略と東アジア外交、各国の内政、外交、通商、移民、安全保障の交錯を緻密... 

平泉澄 著・日本学協会 編
日本精神の神髄を明らかにする
平泉澄博士の精神的基盤となっていた神道論や神道観を理解する選り抜きの論文・講演類、十九編を集録。戦前戦後を通して徹底した... 

梶山孝夫著
藤田東湖、父幽谷を語る。
東湖の父である幽谷の学問とその精神を東湖が記した「先考次郎左衛門藤田君行状」をメイン史料に小説形式で書き上げた史的根拠に... 

堀井純二著
〝日本消滅〟をもたらさないために今何をすべきか。
祖先が営々と培ってきた日本人の生活・文化……全てに繋がる皇室の存在意義を見つめ直し、そのあり方を問う。皇室典範改正問題に...
Page 2 / 8123»
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.