株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

明治聖徳記念学会紀要 復刊第46号
―特集「日本の法制度・法文化」「東京奠都百四十年」―

0646著者明治聖徳記念学会編
定価2160円(8%税込)
本体2000円(税別)
判型A5判
体裁並製本・
発行日平成21年11月3日
ISBN9784764606463
ページ数484頁

学界・論壇の第一線で活躍する研究者から寄せられた興味深い論考を多数収録。
論文(14本)の他、シンポジウム、講演、史料紹介、随想、書評、書籍紹介、翻刻などを収録。

目次

【巻頭言】
明治憲法発布百二十年に思う 〔伊藤隆〕

【論文】
  Ⅰ
 慣例法の生成過程―「關東御成敗式目」の画期的意義―〔小堀桂一郎〕
 伊藤博文と明治憲法―憲法制定におけるドイツ人の寄与―〔堅田剛〕
 明治初年代における天皇と神宮〔中西正幸〕
 文明・立憲制・国民政治―伊藤博文の政治思想― 〔瀧井一博〕
 遺失物法と文化財保護 〔時枝務〕
 「元始祭」並びに「紀元節祭」創始の思想的源流と二祭処遇の変遷について 〔大岡弘〕
 律令法における皇位継承―女帝規定の解釈をめぐって― 〔宮部香織〕

  Ⅱ
 明治期「村の鎮守」の植生と地域社会
  ―東京都多摩市域の地域史料をてがかりに―〔畔上直樹〕
 京都御所から明治宮殿へ―継承された「剣璽之間」の来歴 ―〔石野浩司〕
 東京奠都と神田祭―明治初年の神田祭の変遷を素描する―〔岸川雅範〕

  Ⅲ
 御歌所長高崎正風の教育勅語実践運動―彰善會と一德會―〔宮本誉士〕
 徳川時代中期の衣紋道高倉家の門人の一考察
  ―『御門弟名籍』をめぐつて―〔中澤伸弘〕
 宮本重胤の「婦人神職任用論」に関する小考〔小林晃枝〕
 小林健三の神道論についての考察―昭和三〇年代を中心に―〔中道豪一〕

【シンポジウム】
 日本の法制度と神道文化〔岡田莊司・阪本是丸・牟禮仁・武田秀章〕

【講演】
 井上毅における伝統と近代―「シラス」論を中心に―〔齊藤智朗〕

【史料紹介】
 「明治三十七年二月~八月 聯合艦隊司令長官東郷平八郎日記」について 〔堀口修〕
 本多辰次郎『北支満鮮旅行記』 〔高橋勝浩〕
 明治神宮所蔵「加藤玄智博士生祠研究資料」―紹介と若干の考察― 〔佐藤一伯〕

【随想】
 鶴牧版『史記評林』に想ふ―『明治天皇の御修学』補遺―〔近藤啓吾〕
 近現代の憲法と政教関係 〔百地章〕
 私の東京と古社名刹 〔大熊晋一〕

【書評】
 松本丘著『垂加神道の人々と日本書紀』〔高橋美由紀〕

【紹介】 企画・編集委員会
【翻刻】
 硯海の一勺・扇のことば(福羽美静述)〔中村聡〕

【彙報】〔事務局〕

【あとがき】〔武田秀章〕

カートの中を見る

各種クレジットカード対応


軍事史学

ホームページからのご注文


店頭販売

各種クレジットカード対応


PayPay対応

営業日カレンダー営業日カレンダー

  • 今月(2019年3月)
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    翌月(2019年4月)
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    (      休業日)

海外への発送はこちら

PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.