株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

明治聖徳記念学会紀要 復刊第45号
―特集「維新と伝統」―

0645著者明治聖徳記念学会編
定価2160円(8%税込)
本体2000円(税別)
判型A5判
体裁並製本・
発行日平成20年11月3日
ISBN9784764606456
ページ数516頁

「維新と伝統」をテーマに学界・論壇の第一線で活躍する研究者から寄せられた興味深い論考を多数収録。
論文(14本)の他、シンポジウム、講演、資料、研究ノート、随想、書評、紹介、翻刻「明治孝節録」(巻三・巻四)などを収録した明治聖徳記念学会の機関誌。

目次

【巻頭言】
特集号に寄せて―明治維新百四十年・本会再発足二十年に思う―〔鎌田純一〕

【論文】
  Ⅰ
維新と傳統―兩概念の相互關係及びその綜合―〔小堀桂一郎〕
古風長歌の復興とその凋落〔中澤伸弘〕
維新期「宮中三殿」成立史の一考察―毎朝御拝「石灰壇」祭祀の終焉として―〔石野浩司〕
夜明け前の御嶽山―御嶽神社と明治維新―〔中山郁〕
山陵修補事業にみる維新と伝統―蒲生君平の谷森善臣に対する影響を含めて―〔阿部邦男〕
  Ⅱ
明治天皇の御修学〔近藤啓吾〕
新渡戸稲造における維新と伝統―日本論・神道論を手がかりに―〔佐藤一伯〕
伊東忠太と「日本建築」保存〔清水重敦〕
「明治天皇紀」編修をめぐる宮内省臨時編修局総裁人事問題と末松謙澄〔堀口修〕
  Ⅲ
柳田國男の神道研究〔茂木栄〕
入澤宗壽の神道教育―神道教育の類例化への試み―〔中道豪一〕
「禊教本院」の展開〔荻原稔〕
明治神宮の復興〔大丸真美〕

【シンポジウム】
維新と伝統―近代日本の〈宗教〉―〔島薗進・山口輝臣・菅浩二・武田秀章〕

【講演】
近代の国民教化と三条教則―『三条教則衍義書資料集』(全二巻)刊行に寄せて―〔三宅守常〕
福沢諭吉における維新と伝統〔小川原正道〕

【資料】
近代における祭神・由緒の考証に関する一事例―大崎昌庸『神田神社由来 全』の史料紹介を通して―〔岸川雅範〕

【研究ノート】
平田篤胤の医学哲学〔市川修〕

【随想】
明治を開いた人々を作り上げたもの〔舩橋晴雄〕
花くはし…―明治天皇御製と義烈二公の遺勲―〔照沼好文〕
維新からのよき伝統―明治天皇幸手行在所と埼玉県への地方巡幸今昔―〔大熊晋一〕
明治天皇と東郷平八郎―日本海海戦前夜のエピソード―〔嶋田耕一〕
尊皇の心情研究―三島由紀夫の「英霊の声」と葦津珍彦の怨霊鎮めの評―〔稲葉稔〕

【書評】
高木博志著『近代天皇制と古都』〔藤田大誠〕
安丸良夫著『文明化の経験―近代転換期の日本―』〔宮本誉士〕
阪本是丸著『近世・近代神道論考』〔西岡和彦〕
藤田大誠著『近代国学の研究』〔遠藤潤〕
遠藤潤著『平田国学と近世社会』〔中川和明〕

【紹介】〔企画・編集委員会〕
【翻刻】
明治孝節録 巻三・巻四(近藤芳樹編)〔宮本誉士〕

【彙報】〔事務局〕

【あとがき】〔松本久史〕
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.