株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

明治聖徳記念学会紀要 復刊第48号
―特集「近代日本の国際交流」―

0648著者明治聖徳記念学会編
定価2160円(8%税込)
本体2000円(税別)
判型A5判
体裁並製本・
発行日平成23年11月3日
ISBN9784764606487
ページ数364頁

学界・論壇の第一線で活躍する研究者から寄せられた興味深い論考を多数収録。

目次

【巻頭言】
「安政条約廃棄百年」を巡って〔岡崎久彦〕

【論文】

岩倉使節團の見た米歐の光と翳―初代ドイツ公使青木周蔵の陰の役割―〔小堀桂一郎〕
鹿鳴館外交と欧化政策〔犬塚孝明〕
井上毅の条約改正への功業〔木野主計〕
ロンドン万博へ続く道―一八六一(文久元)年のオールコックの旅と日本の「開国」―〔佐野真由子〕
『香取新報』にみる大正一〇年外遊時の皇太子裕仁親王〔堀口修〕
GHQの神道観に関する一考察―『日本の宗教』を介して―〔佐藤一伯〕

『五箇条ノ御誓文』から『教育勅語』へ―明治の開国と昭和の開国―〔平川祐弘〕
明治天皇の服制と天皇像―「見せる天皇」と「見せない天皇」―〔刑部芳則〕
明治初期の歌御会始の国民の詠進―『同風集』をめぐつて―〔中澤伸弘〕
田島小学校における体験教育考―神道教育研究の視点から―〔中道豪一〕
宮内省諸陵頭山口鋭之助の事績と思想〔東郷茂彦〕

【研究ノート】
昭憲皇太后基金の創立とその背景について〔小林晃枝〕

【講演】
占領と教育改革―占領軍より日本側の責任が大きい―〔杉原誠四郎〕

【随想】
富士秋霽―吉田茂翁の志操―〔照沼好文〕

【書評論文】
「国家神道」概念の有効性に関する一考察―島薗進著『国家神道と日本人』の書評を通して―〔藤田大誠〕

【書評】
櫻井治男著『地域神社の宗教学』〔板井正斉〕
畔上直樹著『「村の鎮守」と戦前日本―「国家神道」の地域社会史―』〔藤本頼生〕
佐藤一伯著『明治聖徳論の研究―明治神宮の神学―』〔藤田大誠〕
中野裕三著『国学者の神信仰―神道神学に基づく考察―』〔武田幸也〕

【紹介】〔企画・編集委員会〕
神社本庁総合研究所監修・神社新報創刊六十周年記念出版委員会編『戦後の神社・神道』/皇學館大学・島根県立古代出雲歴史博物館編『伊勢と出雲の神々』/小川原正道著『近代日本の戦争と宗教』/中澤伸弘著『宮中祭祀』/岡田莊司編『日本神道史』/鎌田純一著『神道史概説』/石井研士編『神道はどこへいくか』/岡崎久彦著『明治の外交力』/杉原誠四郎著『新教育基本法の意義と本質』

【翻刻】
みくるまのあと(小出粲著)〔戸浪裕之〕

【あとがき】〔武田秀章〕
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.