株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

ハプスブルク家かく戦えり
―ヨーロッパ軍事史の一断面―

著者久保田正志著
定価7560円(8%税込)
本体7000円(税別)
判型A5判
体裁並製本・カバー装
発行日平成13年9月26日
ISBN9784764603134
ページ数492頁

欧州パワーゲームのメイン・プレーヤーの歴史

中世から第一次大戦まで中欧に君臨したハプスブルク家は、ヨーロッパのほぼ全ての戦争に関わる一方、トルコとも戦い続けた。従来、日本で刊行される戦史書はハプスブルク家をルイ十四世、フリードリヒ大王、ナポレオンなどの敵役として描いたが、本書では初めてハプスブルク家を戦史の主役に据え、欧州の軍事史を通史として叙述した。
本書は歴史事典的な性格も併有し、戦史・歴史に興味のある人だけでなく、広くヨーロッパ文化に興味を持つ人にも便利な一冊となっている。

目次

はじめに
第一編 ハプスブルク家の伸長
 第一章 ルドルフ一世のキャンペーン(一二七三年~一二九一年)
 第二章 アルブレヒト一世のキャンペーン(一二九一年~一三〇八年)
 第三章 スイスでの戦い
 第四章 ハプスブルク家の分裂とスイスの喪失(一三六五年~一四四〇年)
 第五章 フリードリヒ五世の諸政策(一四四〇年~一四九三年)
 第六章 マクシミリアン一世のキャンペーン(一四九三年~一五一九年)
  第一節 神聖同盟の成立と対仏戦争(一四九五年)
  第二節 ブルゴーニュ公国での戦い(一四九八年~一四九九年)
  第三節 スイスでの戦い(一四九九年)
  第四節 バイエルン継承戦争・ハンガリー継承戦争(一五〇三年~一五〇六年)
  第五節 対ヴェネチア戦争(一五〇七年~一五一六年)

第二編ハプスブルク世界帝国
 第一章 カール五世のキャンペーン (一五一九年~一五五六年)
  第一節 カール五世の即位と欧州情勢
  第二節 フランスとの戦い 第一次(一五二一年~一五二六年)・第二次(一五二七年~一五二九年)
  第三節 トルコの伸長
  第四節 バルバリア海賊との戦い
  第五節 第三次対仏戦争(一五三六年~一五三八年)
  第六節 地中海制海権を巡って
  第七節 第四次対仏戦争 (一五四二年~一五四四年)
  第八節 ハンガリーを巡る戦い(一五四〇年~一五四五年)
  第九節 シュマルカルデン戦争(一五四六年~一五四七年)
  第十節 アンリ二世との戦い(一五五二年~一五五六年)
 第二章 フェリペ二世とスペイン王国(一五五六年~一五九八年)
  第一節 フェリペ二世の即位とヨーロッパ情勢
  第二節 フランスとの戦い(一五五七年~一五五九年)
  第三節 レパント海戦(一五七一年)
  第四節 ネーデルラントの叛乱(一五六六年~一六〇九年)
  第五節 ポルトガル併合(一五八〇年)
  第六節 アルマダの敗北(一五八八年)
  第七節 イギリス艦隊との戦い(一五八九年~一五九八年)
  第八節 フランス宗教戦争への介入
 第三章 落日のスペイン王国(一五九八年~一七一三年)
  第一節 フェリペ三世のキャンペーン(一五九八年~一六二一年)
   第一款 最後のアルマダ派遣(一五九八年~一五九九年)
   第二款 衰退するスペイン王国
  第二節 フェリペ四世のキャンペーン(一六二一年~一六六五年)
   第一款 オリバーレス公爵の改革
   第二款 再度の対オランダ戦争(一六二一年~一六四八年)
   第三款 対仏戦争(一六三五年~一六五九年)
   第四款 ポルトガル独立戦争(一六四〇年~一六六八年)
   第五款 フェリペ四世晩年の対フランス関係
  第三節 カルロス二世のキャンペーン(一六六五年~一七一二年)
   第一款 フランドル戦争(一六六七年~一六六八年)
   第二款 フランスのオランダ侵略戦争(一六七二年~一六七八年)
   第三款 アウクスブルク同盟戦争(一六八八年~一六九七年)
   第四款 カルロス二世の崩御・スペイン継承戦争(一六九七年~一七一三年)
   第五款 ユトレヒト条約とハプスブルク家によるスペイン支配の終焉

第三編 オーストリア家の伸長
 第一章 三十年戦争までのオーストリア家の動向(一五五六年~一六一八年)
  第一節 フェルディナント一世のキャンペーン(一五五六年~一五六四年)
  第二節 マクシミリアン二世のキャンペーン(一五六四年~一五七六年)
  第三節 ルドルフ二世のキャンペーン(一五七六年~一六一二年)
   第一款 ルドルフの即位とポーランド継承問題
   第二款 対トルコ一五年戦争(一五九二年~一六〇六年)
   第三款 ハプスブルク一族の内紛・ルドルフ二世の崩御
  第四節 マティアスのキャンペーン(一六一二年~一六一九年)
 第二章 三十年戦争(一六一八年~一六四八年
  第一節 フェルディナント二世の即位とボヘミアの叛乱
  第二節 デンマークの戦争介入(一六二四年~一六二九年)
  第三節 グスタフ・アドルフの戦争介入(一六三〇年~一六三四年)
  第四節 ヴァレンシュタインの横死とスペイン、フランスの参戦(一六三二年~一六三七年)
  第五節 フェルディナント三世のキャンペーン(一六三七年~一六四八年)
  第六節 ウェストファリア条約(一六四八年)
 第三章 レオポルト一世のキャンペーン(一六五八年~一七〇五年)
  第一節 レオポルト一世の即位と対トルコ戦争(一六五八年~一六六四年)
  第二節 スペイン家の動揺とフランスの勢力拡大(一六五八年~一六七八年)
  第三節 トルコ軍の第二次ウィーン包囲(一六八三年)
  第四節 ベオグラード攻略まで(一六八三年~一六八八年)
  第五節 アウクスブルク同盟戦争(一六八八年~一六九九年)
   第一款 アウクスブルク同盟の結成まで
   第二款 ファルツ伯領方面での戦闘
   第三款 サヴォア公国方面での戦闘
   第四款 ライスワイク講和会議
  第六節 対トルコ戦の勝利(一六八八年~一六九九年)
  第七節 スペイン継承戦争(一七〇一年~一七一三年)
   第一款 スペイン継承問題
   第二款 イタリア方面での戦闘
   第三款 ドイツ方面での戦闘
   第四款 ネーデルラント方面での戦闘
   第五款 レオポルト一世崩御後のハプスブルク家の情勢とラシュタット条約(一七〇五年~一七一四年)
 第四章 カール六世のキャンペーン(一七一一年~一七四〇年)
  第一節 対トルコ戦争(一七一六年~一七一八年)
  第二節 ハンガリー叛乱・四国同盟戦争
  第三節 ポーランド王位継承戦争(一七三三年~一七三八年)
  第四節 第二次トルコ戦争(一七三七年~一七三九年)

第四編 啓蒙専制時代のハプスブルク家
 第一章 マリア・テレジアのキャンペーン(一七四〇年~一七八〇年)
  第一節 ハプスブルク家継承問題
  第二節 オーストリア継承戦争(一七四〇年~一七四八年)
   第一款 第一次シュレジエン戦争(一七四〇年~一七四二年)
   第二款 フランス・バイエルン・スペインヘの反撃(一七四二年~一七四四年)
   第三款 第二次シュレジエン戦争(一七四四年~一七四五年)
   第四款 フランス・スペインとの戦い(一七四四年~一七四八年)
   第五款 アーヘンの和約(一七四八年)
  第三節 七年戦争
   第一款 オーストリア継承戦争から七年戦争まで(一七四八年~一七五六年)
   第二款 七年戦争〔または第三次シュレジエン戦争〕(一七五六年~一七六三年)
    第一項 一七五六年
    第二項 一七五七年
    第三項 一七五八年
    第四項 一七五九年
    第五項 一七六〇年
    第六項 一七六一年
    第七項 一七六二年
  第四節 ハプスブルク家領の制度改革
  第五節 バイエルン継承戦争(一七七七年~一七七九年)
 第二章 ヨゼフ二世のキャンペーン(一七八〇年~一七九〇年)
  第一節 ヨゼフ二世の内政・外交
  第二節 ハンガリーの不穏
  第三節 対トルコ戦争(一七八七年~一七九〇年)
  第四節 フランドルの叛乱
 第三章 レオポルト二世のキャンペーン(一七九〇年~一七九二年)

第五編 フランツ二世とナポレオン戦争
 第一章 フランツ二世の即位とフランス革命の状況(一七八九年~一七九二年)
 第二章 第一次対仏大同盟(一七九三年~一七九七年)
  第一節 一七九三年
  第二節 一七九四年
  第三節 一七九五年
  第四節 一七九六年
   第一款 ドイツ方面の戦闘
   第二款 イタリア方面の戦闘(ナポレオン・ボナパルトのキャンペーン)
  第五節 一七九七年
  第六節 カンポ=フォルミオ条約
 第三章 第二次対仏大同盟(一七九八年~一七九九年)
  第一節 第二次対仏大同盟の成立
  第二節 一七九九年
  第三節 一八〇〇年
 第四章 第三次対仏大同盟(一八〇五年)
  第一節 ナポレオンの即位
  第二節 一八〇五年
  第三節 神聖ローマ帝国の終焉とナポレオンの大陸制覇
 第五章 一八〇九年戦役
 第六章 ナポレオン体制の崩壊(一八一〇年~一八一四年)
  第一節 ナポレオンのロシア遠征(一八〇九年~一八一二年)
  第二節 諸国民戦争(一八一三年~一八一四年)
   第一款 ライプチヒの戦いまで
   第二款 フランス本土の戦い(一八一四年)
 第七章 ウィーン会議と百日天下(一八一四年~一八一五年)
  第一節 ウィーン会議
  第二節 ナポレオンの百日天下(一八一五年)
  第三節 ウィーン体制の成立

第六編 オーストリア帝国
 第一章 フランツの内政・外交(一八一五年~一八三五年)
  第一節 ウィーン体制直後の対外政策
  第二節 メッテルニヒの内政政策
  第三節 反革命としてのオーストリアの対外政策
 第二章 フェルディナントの内政・外交(一八三五年~一八四八年)
  第一節 内政の停滞
  第二節 東方問題
  第三節 三月革命
 第三章 フランツ・ヨゼフのキャンペーン(一八四八年~一八六七年)
  第一節 三月革命の処理
  第二節 対サルジニア戦争(一八四八年~一八四九年)
  第三節 クリミア戦争とバルカン問題
  第四節 イタリア統一戦争(一八五九年~一八六〇年)
  第五節 デンマーク戦争(一八六四年)
  第六節 普墺戦争[七週間戦争](一八六六年)
   第一款 普墺戦争まで
   第二款 プロイセンとの戦い
   第三款 イタリアとの戦い
   第四款 リッサ海戦
   第五款 プラハ条約とドイツの統一
  第七節 二重帝国の成立(一八六七年)

第七編 メキシコ・ハプスブルク帝国(一八六四年~一八六七年)
 第一章 メキシコ・ハプスブルク帝国の成立まで
 第二章 メキシコ・ハプスブルク帝国の成立と終焉(一八六四年~一八六七年)

第八編 オーストリア・ハンガリー二重帝国
 第一章 二重帝国の外交政策(一八六七年~一九〇五年)
 第二章 不安定化するバルカン(一九〇五年~一九一四年)
 第三章 第一次世界大戦(一九一四年~一九一八年)
  第一節 戦争前のオーストリアの作戦計画
  第二節 一九一四年の戦況
   第一款 ロシア方面
   第二款 バルカン半島方面
   第三款 海軍の戦況
  第三節 一九一五年の戦況
   第一款 ロシア方面
   第二款 バルカン半島方面
   第三款 イタリア方面
   第四款 海軍の戦況
  第四節 一九一六年の戦況
   第一款 ロシア方面
   第二款 バルカン半島方面
   第三款 イタリア方面
   第四款 海軍の戦況
  第五節 一九一七年の戦況
   第一款 ロシア方面
   第二款 バルカン半島方面
   第三款 イタリア方面
   第四款 海軍の戦況
  第六節 一九一八年の戦況
   第一款 イタリア方面
   第二款 海軍の戦況
 第四章 戦争の終結・カール皇帝の退位・ハプスブルク帝国の終焉(一九一八年)
おわりに
あとがき
参考文献一覧
(索引)
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.