株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

吉田松陰と靖獻遺言

0280著者近藤啓吾著
定価2700円(8%税込)
本体2500円(税別)
判型A5判
体裁上製本・カバー装
発行日平成20年4月29日
ISBN9784764602809
ページ数168頁

松陰は『靖献遺言』に何を感じ、何を学ばんとしたのか?

『靖献遺言』は、渡海の計敗れて獄中の人となつた吉田松陰が、獄中誦読して傍らに人なきがごとくであつた、とみづから述懐してゐる書物である。然らば松陰は、同書の何にかく感動したのであるか。本書は、これを明らかにすることによつて、やむにやまれずして為した彼のその行動の真意を解かんとするものである。

目次


一、吉田松陰と『靖獻遺言』
二、吉田松陰『留題村塾壁』詩について
三、佐久間象山と吉田松陰
四、『講孟箚記』の精神
五、『講孟箚記』解題
六、吉田松陰先生の書簡

 参考
一、社稷の臣―寇準と韓琦―
二、杜甫と文天祥
   ―『集杜詩』について―
三、謝枋得とその著書
 後記
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.