株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
季刊『軍事史学』
  • HOME »
  • 季刊『軍事史学』

軍事史学 第28巻 第3号
特集 南方の軍政

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》南方軍政研究の動向〔岩武照彦〕
日本軍政下(昭和十六年~昭和二十年)マラヤ、シンガポールにおける抗日運動と剿共作戦〔明石陽至〕
大東亜建設審議会と戦争初期の対...

軍事史学 第28巻 第2号

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》軍事史研究の新課題〔義井博〕
日本軍における捕虜観念の形成〔秦郁彦〕
第一次上海事変における第三艦隊の編成と陸軍出兵の決定〔影山好一郎〕
《研究ノート》...

軍事史学 第28巻 第1号

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》王道の軍人〔佐藤和夫〕
バルトのドイツ義勇軍(一九一八~一九年)〔山田義顕〕
朝鮮戦争-その今日的意味-〔B・N・スラヴィンスキー・仙洞田潤子訳〕
ハン...

軍事史学 第27巻 第4号

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》歴史の重さについて〔大東信祐〕
米海軍の対日戦争指導-中部太平洋攻勢の着手と推進-〔糸永新〕
海南島攻略作戦と海軍の南進意図〔吉田昭彦〕
《研究ノート》...

軍事史学 第27巻 第1号

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》軍事史研究家への処世訓〔A・D・クリックス〕
アイルランド独立戦争〔岩波徹〕
昭和の軍事財政-高橋財政期からの日中戦争期にかけて-〔原信芳〕
対日講和条...

軍事史学 第26巻 第4号
特集 日本中世史

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》学会創立当初の思いで〔荻野三七彦〕
淡路沼島水軍史考〔佐藤和夫〕
倭寇が密輸出した刀と扇〔太田弘毅〕
元亀・天正年間の大友・毛利氏の戦い〔福川一徳〕 <...

軍事史学 第26巻 第2号
特集 第二次世界大戦と日本―開戦への軌跡

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》敢えて一言〔鎌田 純一〕
第二次大戦五十周年と軍事史研究〔波多野 澄雄〕
東アジアにおける中国問題―リットン報告書と東京裁判―〔庄司 潤一郎〕
陸軍の日...

軍事史学 第26巻 第1号

定価:本体1500円(税別)
《巻頭言》俘虜と国際法規〔梅渓昇〕
昭和期陸軍の軍事思想-我が国独特の用兵思想の形成経緯-〔前原透〕
日本陸軍における軍医制度の成立〔西岡香織〕
ドイツ再軍備を巡...

軍事史学 第25巻 第3・4合併号
『第二次世界大戦(一)-発生と拡大-』

定価:本体3981円(税別)
《序》
野村実/『軍事史学』100号記念特集号の刊行に当たって 
《提言》
栗原健/「歴史における勢い」について ...

軍事史学 第25巻 第2号

定価:本体1250円(税別)
《巻頭言》「東條英機論」の一側面〔山口宗之〕
日本陸軍の兵学研究と漢学の祖型〔片岡徹也〕
ラトヴィヤ共和国成立前史 一九一七―一九一八年―ウルマニス(K.Uimanis...

軍事史学 第24巻 第4号

定価:本体1250円(税別)
《巻頭言》現地・現物について学ぶ〔森松俊夫〕
日本陸軍の「戦略戦術」についての特有の理解〔前原透〕
鎮台歩兵大隊の成立と歩み〔松島秀太郎〕
僧兵強訴と検非違使-防...

軍事史学 第24巻 第3号

定価:本体1250円(税別)
《巻頭言》中国東北地方の旅〔臼井勝美〕
「提督の叛乱」―第一次世界大戦末期のドイツ海軍指導部―〔山田義顕〕
「日支新関係調整方針」の策定〔戸部良一〕
ルドルフ・ヘ...
« 1 8 9 10 11 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.