株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧
  • HOME »
  • 書籍一覧 »
  • 神道・国学・歴史

神道・国学・歴史



森田康之助著
志士・仁人の運命とその行実が心を動かし魂を揺さぶる。
わがくに民の歴史感覚を軸に歴史の意味をいかなる処に求め、先人はどういうことを感じとってきたか
 このことは総じてわが「日本」というものの本義の闡明に通ずるものがあるであらう 

黒岩棠舟著
本居宣長の『馭戎慨言』現代版!
国民一人一人が忘れてはならない先賢の一語一句そしてその史実を綴り更に今日を見る。 

藤井貞文著
魂の語りかけに応える!
ひとたび発した人間の意志というものは、簡単にまた容易に霧消し雲散するものではない。わが国の歴史上にその事実を見る。本書は... 

大鹿久義編著
宣長没後の門人で香川景樹らと共に「天保の四大家」と称えられる近世考証学派の泰斗・伴信友の学問・思想その人となりを窺う根本... 

岩井利夫著
最もわかりやすい大嘗祭の本!
大嘗祭の本義を往時に徴し近代を検証し多くの論議を紹介してその重要性を明らかにす!国民必読の大嘗祭国事論 

森田康之助著
先賢先聖の精神に感奮興起するという感激
民族の伝統的こころの世界を史実を似てわかり易く解く。戦後教育の欠落を埋める書! 

岩崎敏夫著
天明、天保の凶作によって困窮し切った相馬藩(福島県)が、二宮仕法とと呼ばれる富国安民の法を通して、みごとに復興したことを... 

森田康之助著
現実世界の論理と心理
本書は、国史の「深層」と「真相」を明らかにした「歴史哲学の書」である!
芭蕉の句に、 「橘... 

遠藤鎮雄著
幻の書『日本百人一詩』の解説なる。
平安朝より明治末年まで、立意正しく、格調整ひ
日本精神の遺憾なく発露せるもの
... 

村尾次郎著
戦後五十年を憶ふ
文化の基盤である言語の深い含蓄を子孫に伝える。
歴史家は生死を越えた歴史に遊ぶ。
生者に封すると同様故人・... 

黒岩棠舟著
文武不岐の国日本
楠木正行・武田信玄・上杉謙信・豊臣秀吉・細川幽齊・山崎闇齊・山鹿素行・藤田東湖・平野國臣・伴林光平・野村望東尼・日柳燕石...
Page 7 / 8«678
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.