株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

津軽のイタコ

著者 笹森建英
定価 3080円(10%税込)
本体 2800円(税別)
判型 A5判
体裁 上製本・カバー装
発行日 令和3年4月
ISBN 9784764601437
ページ数 208頁

知られざる津軽のイタコの実態をひもとく

津軽のイタコの習俗・口寄せ・口説き・死後の世界・地獄観・音楽など、彼女たちの巫業や現状とは一体どういうものなのか?長きに亘りイタコに関する研究を行ってきた著者が、調査体験に基づき実態を明らかにする。


※2021年5月5日『陸奥新報』に書評が掲載されました。
※2021年5月27日『東奥日報』に書評が掲載されました。
※2021年5月31日『陸奥新報』7面〔文芸時評〕欄にてご紹介頂きました。

目次

凡例


第一章 口寄せ
はじめに
死に口(死んだ人の霊との交流)
生き口(生きている人の霊との交流)
ハナコ(死んだ子供の霊との交流)

第二章 名称
はじめに
語源
菅江真澄のイタコに対する記述

第三章 歴史
はじめに
中世・近世のイタコ
明治期のイタコ・禁制
鑑札
職業に対する偏見

第四章 巫業
はじめに
霊能者としての特質
巫業内容
巫具

第五章 イタコの生活史
はじめに
生活史
仕事

第六章 加持祈祷
はじめに
人間経
男の人の体の熱が冷める経
法語
キツネ憑き

第七章 祝福・祈祷祓いの経文
はじめに

第八章 祭文
はじめに
オシラ祭文 オシラ経
岩木山一代記
金比羅一代記

第九章 音・音楽
はじめに
音具
歌唱

第十章 宗教・信仰
はじめに
恐山現象
習俗としての巫業
ゴミソ、ヨリ祈祷
結語
補遺―口寄せの経文―(笠井キヨによる)
引用・参考文献(五十音順)
あとがき

著者略歴

青森県弘前市出身
早稲田大学文学部哲学科卒業
マンハッタン音楽院 修士(作曲)
ハワイ大学音楽部 修士(民族音楽学)

【職歴】
元弘前大学教育学部教授
元青森県文化財保護審議委員
弘前学院客員教授

【著書】
『津軽箏曲郁田流の研究』(津軽書房)共著
「芸能と音楽」(工藤睦男編『大畑町史』大畑町役場)
「巫覡と音・音楽」(福田晃編『巫覡・盲僧の伝承世界』三弥井書店)
「縄文琴に関連する研究」(鈴木克彦編『縄文琴の研究』弘前学院大学)
『つがる音の泉』(弘前学院大学)

カートの中を見る

  • twitter

ホームページからのご注文

 


店頭販売

各種クレジットカード、電子マネーもご利用いただけます

 営業日カレンダー 営業日カレンダー

  • 今月(2021年6月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
    翌月(2021年7月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    (      休業日)
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.