株式会社錦正社は、歴史・国学・軍事史・伝統芸能等の分野を中心とした書籍を刊行する出版社です
書籍一覧

PKOの史的検証

0321著者軍事史学会編
定価4400円(10%税込)
本体4000円(税別)
判型A5判
体裁並製本・カバー装
発行日平成19年3月1日
ISBN9784764603219
ページ数372頁

PKO(平和維持活動)を歴史的に検証

紛争の平和的解決、停戦の監視、秩序の維持、ポスト・コンフリクトの再建過程における武装解除と治安維持、インフラの整備、復興援助など、60 年の歴史を有し世界各地で現在進行中のPKO(平和維持活動)を歴史的に検証する。
平和維持活動(PKO)は1948 年の「国連休戦監視機構」(UNTSO)のパレスチナ展開以来、約60 年の「歴史」を有する。日本のPKO参加も1992 年の国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)以来、16 年目に入った。
 歴史研究と現代の課題が交叉するPKOの本質に新進気鋭の研究者による学術研究と、自衛隊PKO経験者による「実践知」の双方向から迫る画期的論集。
 軍事史研究者はもとより国際政治、国際法、国際機構の研究者および実務家の必読の書。

目次

高橋久志PKO―歴史研究の「新領域」―
巻頭言
五百旗頭眞PKOの史的検証
明石康『PKOの史的検証』刊行によせて
西元徹也PKO十五年に思う
 ―今後の国際平和協力活動のために克服すべき課題について―
特別寄稿
サー・マラック・グールディング
(等松春夫訳)
冷戦終結前後の国連平和維持活動の展開
 ―私的な回想―
第一篇 国際政治とPKO
臼杵英一PKOの起源:國際聯盟レティシア委員会
 (一九三三~三四年)
小川浩之イギリス・コモンウェルス関係とPKOの成立と変容
 ―パレスティナ・カシミールからコソボ・東ティモールまで―
〈研究ノート〉
三須拓也
コンゴ国連軍の影
 ―ハマーショルドの死因についての一仮説―
〈PKO経験者の証言①〉
須田道夫
現代 国連PKOの設立・運営をめぐる政治力学
 ―ハイチPKO(MINUSTAH)を一例に―
第二篇 日本とPKO
入江寿大池田・佐藤政権期の「国際的平和維持活動」参加問題
 ―コンゴー動乱・マレイシア紛争と自衛隊派遣の検討―
村上友章カンボジアPKOと日本
 ―「平和の定着」政策の原型―
〈PKO経験者の証言②〉
渡邊隆
現場の誇り
 ―UNTAC派遣自衛隊指揮官の回想―
〈PKO経験者の証言③〉
太田清彦
カンボジアPKOと広報活動
〈PKO経験者の証言④〉
小嶋信義
防衛駐在官からみた中東と自衛隊
第三篇 理論と法
青井千由紀平和の維持から支援へ
 ―ドクトリンから見た平和支援活動の生成と制度化―
〈PKO経験者の証言⑤〉
児島健介
海上自衛隊が参加した国際平和協力の法解釈
幡新大実平和維持軍と国際刑事法
 ―連合王国陸軍軍法会議の事例を踏まえた比較法的考察―
山田哲也PKOの任務拡大と正統性確保
 ―領域管理を題材とした問題提起―
第四篇 現在から未来へ
斎藤直樹冷戦後における国連平和維持活動の変容とその改革問題
〈PKO経験者の証言⑥〉
佐藤正久
ゴラン高原からイラクへ
 ―一自衛隊指揮官の中東経験―
〈PKO経験者の証言⑦〉
川又弘道
東ティモールにおける自衛隊の活動
井上実佳ソマリア紛争における国連の紛争対応の「教訓」
PAGETOP
Copyright © 株式会社錦正社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.