0318 通巻158・159号
著者 軍事史学会編
定価 4320円(8%税込)
本体 4000円(税別)
発行日 平成16年12月

目次

序言
 日露戦争一〇〇年・軍事史学会四〇年〔高橋久志〕
巻頭言
 「軍人歴史家」と「純粋歴史家」〔戸部良一〕
第一篇 衝突への序曲
 ウィッテの極東政策の破綻と開戦への道〔飯島康夫〕
 日露戦争とロシア正教会イデオロギー ―戦争の思想史的淵源―〔仁井田崇〕
 日清戦後経営期の軍事支出と財政政策〔小野圭司〕
 「明治三十三年艦團部将校作業書」と日露戦争 ―マハン流地政学的戦略眼の影響を中心にして―〔高橋文雄〕
第二篇 政治と外交
 日露戦争と中国の中立問題〔川島真〕
 ポーツマス講和会議・幻の清国使節団 ―日露戦争下の米清関係―〔平川幸子〕
 日露戦争と日英王室外交 ―明治天皇へのガーター勲章授与をめぐって―〔君塚直隆〕
 ヨーロッパにおける“広報担当大使”としての末松謙澄〔松村正義〕
 ソフト・パワー、ハード・パワー―日露戦争前後のアメリカの対日イメージと日本人の自己イメージ、セオドア・ルーズヴェルト、マハン、朝河貫一、新渡戸稲造を中心に―〔三輪公忠〕

 〈史料紹介〉英国公使サー・アーネスト・サトウが北京から見た日露戦争 ―その日記と手紙から―〔I.ラックストン(平川幸子訳)〕
 〈史料紹介〉スイス観戦武官の記録〔中井晶夫〕
第三篇 法と経済
 日露戦争における国際法の発信 ―有賀長雄を起点として―〔松下佐知子〕
 日露戦争の捕虜問題と国際法〔喜多義人〕
 日露戦争とフランスの対ロシア借款〔篠永宣孝〕
 日露戦争軍票の流通実態と日本の対応 ―満洲通貨政策の基点として―〔石川亮太〕
 鴨緑江沿岸森林利権問題と日本陸軍〔菅野直樹〕
第四篇 研究史と史料
 日露戦争に関する最近の欧米の研究〔横手慎二〕
 防衛研究所所蔵の日露戦争関連史料〔原剛・菅野直樹〕
 アジア歴史資料センターにおける日露戦争関係資料 ―「日露戦争特別展」開催によせて―〔大久保政博〕