0315 通巻146・147号
著者 軍事史学会編
定価 4320円(8%税込)
本体 4000円(税別)
発行日 平成13年10月

目次

巻頭言
 満州事変七〇周年に寄せて〔高橋 久志〕
 「近代軍事遺産・遺跡の保存」〔安岡 昭男〕
第一篇 思想的潮流
 満州事変の性格〔臼井 勝美〕
 満州事変と「八絋一宇」-石原莞爾を中心に-〔三輪 公忠〕
 満州領有の思想的源流〔秦 郁彦〕
 石原莞爾の満州事変-満州事変のモデルはむしろロシア革命であった-〔野村 乙二朗〕
 石原構想の限界と可能性〔荒川 憲一〕
第二篇 政治・外交からの視座
 満州事変直前の日中間の懸案交渉〔浜口 裕子〕
 「宥和」の変容-満州事変時の外務省-〔小池 聖一〕
 一九三二年未発の「満州PKF」?-リットン報告書にみられる特別憲兵隊構想-〔等松 春夫〕
 近代日本の政治過程と「九・一八」事変〔李シュー泉(伊藤信之訳)〕
 九一八事変と中国の政局〔ロンウェイ木(伊藤信之訳)〕
 九一八事変とワシントン体制の動揺〔熊沛彪(劉紅訳)〕
第三篇 陸海軍の動向
 満州事変における関東軍の固有任務とその解釈・運用問題〔白石 博司〕
 海軍の強硬化と満州事変-昭和八年前後の日本海軍-〔影山 好一郎〕
 (研究ノート)満州事変期陸軍の対ソ認識の一面-真崎甚三郎を中心に-〔白石 仁章〕
 (研究余滴)熱河・関内作戦雑感〔米本敬一〕
 (史料紹介)重光駐華公使報告書〔服部龍二〕
 (史料紹介)安藤利吉兵務課長「満洲事變の發端ニ就テ」〔白石博司〕
 (史料紹介)参謀本部編『満州紀行』〔安達将孝〕
 (学会紹介)台湾における国共内戦史に関する研究状況-「中華軍史学会」シンポジウムを題材として-〔門間理良〕
 (書評)『総動員帝国-満洲の戦時帝国主義の文化-』〔高橋久志〕
 (書評)『日英交流史 1600-2000 3 軍事』〔中山隆志〕
 (軍事史関係史料館探訪29)石原莞爾元陸軍中将関連史料館〔横山久幸〕
 (文献目録)片倉衷文書目録 〔白石博司〕