1210

通巻210号
著者 軍事史学会編
定価 2160円(8%税込)
本体 2000円(税別)
発行日 平成29年9月
ISBN978-4-7646-1210-5

目次

(巻頭言)「日中戦争史研究の新段階」〔劉 傑〕
日中戦争拡大過程の再検証〔岩谷 將〕
日中戦争と国際連盟〔服部 聡〕
日中戦争長期化の政策決定過程におけるソ連要因の虚実〔鹿 錫俊〕
蒋介石による戦時外交の展開〔家近亮子〕
英国外交における中国国民政府評価の変遷〔ラナ・ミッター(等松春夫訳)〕
誰が為の国家総動員法〔森 靖夫〕
(研究ノート)日中戦争における戦いの特性〔原 剛〕
東学の日本陸軍支援〔孔 牧誠〕
(書評)稲葉千晴『バルチック艦隊ヲ捕捉セヨ』〔横山久幸〕