108 通巻108号
著者 軍事史学会編
定価 1620円(8%税込)
本体 1500円(税別)
発行日 平成4年3月

目次

《巻頭言》歴史の重さについて〔大東信祐〕
米海軍の対日戦争指導-中部太平洋攻勢の着手と推進-〔糸永新〕
海南島攻略作戦と海軍の南進意図〔吉田昭彦〕
《研究ノート》石原莞爾と大東亜戦争〔清家基良〕
《研究ノート》ヨーロッパのバランス体制と東方問題-一八三〇年~一八四一年-〔赤城毅〕
《研究余滴》新しい戦争史編纂への提言〔奥宮正武〕
《戦史史話》ステッラ・ポラーリス作戦と日本〔小野寺百合子〕
《書評》吉田茂記念財団編『人間吉田茂』〔松村正義〕
《書評》洞富雄著『鉄砲-伝来とその影響-』〔佐藤和夫〕
〈私家版情報コーナー〉第25回軍事史学会大会報告